オンラインコンサート

クリスチャンピアニストである小堀英郎さんのオンラインコンサートを視聴しました。

小堀さんは音楽大学の在籍中に、交通事故で手首の関節を複雑骨折してしまいました。医者からは「もう手が元通りになることはありません。ピアノを弾くことはあきらめてください」と言われたそうです。そんな中、信仰を持っていた小堀さんが聖書を読んでいると、「あなたがたは心を騒がせてはなりません。神を信じ、またわたしを信じなさい。」(ヨハネ14:1)とのみことばが与えられました。

そして、数か月後、再度検査を受けると、完全に骨がくっついていました。そして、ピアノを弾けるようになったのです。それから彼は、自分のためでなく、神様のために、自分の手をささげ、主を賛美するようになりました。

このコンサートではクラシックの名曲とともに、自分で作曲した「How Great」という曲を演奏してくださいました。そこには、偉大なる神様への感謝と賛美が込められていました。